aoコラム

人生を左右する愛用ツール

音楽活動やアイドル活動、仕事、ブロガー、ライターとして活動をしてきた中で、片時も離さず相棒として持ち歩いてきたツール達。

主な使用用途はモチベーション、継続、記録、管理、スケジュール、プロジェクト…そういったトータルツールです。

手帳やノートを使うことで、なんとなく過ぎていた毎日から脱することができます。

今回はそんな人生を左右するといっても過言ではない手帳やノートのメリット・使い方について詳しくお話します。

手帳やノートにもトライアンドエラーが必要

中高生の時から手帳やノート(シンデレラノートや夢ノート)をつけ始めるも3日と続かなかったり、数ヶ月続いても、書き方がしっくりこなかくて止めてしまったり‥。

「物事が続かない…手帳ですら続かないなんて…飽き性すぎる。」とひたすら自己嫌悪していました。

でも、よく考えてみれば…。
物事が続く続かないとか、飽き性は全く関係ありません。
というか、全く自分に非はありませんでした。

手帳やノートも自分に合った用途や書き方を探すことが大切だったのです。

つまり、

トライアンドエラーが大切!

 

今は手帳もノートも難なく続いています。
新しく立てたプロジェクトや仕事関連以外の音楽活動なんかもノートに書き起こしています。

それは、高校生〜23歳になる今までに何度も挑戦して何度もトライアンドエラーを繰り返してきたからでした。

自分が好きな書き方、苦手な書き方、嫌いな書き方…それに数年かけてやっと気づくことが出来ました。

 

手帳やノートを続ける理由は?

そこまでして、手帳やノートを続けられるようになる理由はあるのか?

それは人生を左右する位の大きな差だと感じています。

メリット

ベタな質問ですが、

・昨日食べたご飯は?
・一昨日友達とご飯に行った時に話した内容は?
・そういえば先月、これ欲しいな!と感じたものはなんだった?

思い出せますか…?
実は私はひとつも思い出せません。
辛うじて…昨日の晩御飯ならはっきり覚えている時があるかないかぐらいです。

スケジュール管理だけではなく、日々を記録していくツールとして使うと人生は大きく変わると思っています。

・この前欲しいと思ったはずの服
・この前気になっていたあのショップ
・この前話題に上がった流行りのもの
・この前やりたい!と思ったこと

全部、人間の脳は忘れていってしまいます。

 

大袈裟に言うと、
たまたまネットショップを見て欲しい服を買っても…それが「この前欲しい!」と思っていた服だったかどうかって忘れてしまっているんです。

忘れないために、というのもメリットの一つですが…、

欲しいと思っていた服を買えた!

 

と小さなことをひとつひとつ叶えていっている実感を得ることが大切だと思っています。

小さな夢や希望や野望をひとつずつ叶えていっていると実感すると、自己肯定感もあがります。(これはドネガティブな私が大実感できる唯一のことだったりします)

今回は数え切れないくらいある手帳やノートの用途、書き方の中で実際に私が使用しているものをお話します。

少しでも悩んでいる方に参考になれば…!

※Instagramで #手帳 #ノート #スタディプランナー #バレットジャーナル と調べるのも超おすすめです!

愛用ツール・実際の使い方

早速、私の愛用している手帳やノートをご紹介します。

愛用ツール、実際の使い方

スケジュール管理→携帯

・設定で事前に通知が来るのでおすすめ!
・予定の変更・移動・確認がいつでも出来る。力

プロジェクト、メモ→バレットジャーナル

・思いついたことやプランを考える。
・方眼は文字だけでなく表やイラスト、図なんかも書きやすくてメモにも最適。

家計簿→マンスリータイプの手帳

・LAWSON ¥500 というように概要だけ書く。
・数件ある場合は、トータルは赤で書くと後に計算しやすい。
・家計簿つけたいけど、レシートを貼って管理して見直したりはしないという方におすすめ。
・マンスリーページの前後にフリーメモがあると固定出費などをメモできる。

読書、学んだこと→A4ノート

・読んだ本の要点をA4の1ページにまとめる。
・各章1つずつポイントを抜き出していくと書きやすい。
・目次をつけると読み返しやすい。

最近始めた新しいノート

日記→B5ノート

・その日の出来事、気になったこと、感じたことを書く。
・最後は必ず今日以降の改善策を考えて書く。(改善点があれば)
・良いことも悪いことも気持ちを吐き出すまで書き続ける。
・その日1日にタイトルをつける。

勉強、ダイエット→スタディプランナー

・勉強の進み具合をいつでも確認出来る。
・進捗がわかりやすい。
・1日1ページは1日の間で長時間勉強出来る方におすすめ、短時間の方は絶対にウィークリータイプがおすすめ。
・勉強した時間と、勉強した内容のタイトル(大体は教本やwebのタイトルだったり見出しの部分)、教本があればそのページ数を記載していく。
・スタディプランナーはダイエットや筋トレ、ボイトレや毎日の読書など何でも応用できるので便利!

手帳(マンスリー+ガントチャート+ToDo)

・マンスリーページとガントチャート、ToDoを書く週間ページがある珍しい手帳を購入!
・マンスリーページには食べたものを記録していく。
・↑手帳の便利ポイント、マンスリーページは予定を書くだけのスペースだけではないこと。
・ToDoページがある手帳を選んだ理由はタスク(やりたいこと・やるべきこと)が増えてきたので、忘れずに全部終わらせたいため。
・ガントチャートはタスクの予定や進捗を確認するためのツールとして使用。

持ち歩きはバレットジャーナルだけ
他は家に置いてあり、家に帰ってきてから書く時間を作っています。

ネガティブ改善にも効果有り

毎日をそれとなく過ごして、
気付けば今日も終わったなぁ…という方に
是非手帳やノートを使って記録していって欲しいと思っています。

実は、ネガティブの改善にもとても効果があります。

あなたは何が好きですか?
何が嫌いですか?
何にワクワクを感じますか?
何をされると怒りますか?

やりたいことは何ですか?
近いうちにしたいことは?
お金が貯まったら欲しいものは?したいことは?

自分のこと、全部知っていますか?
自分のこと、質問されて答えられますか?

私はネガティブの改善のためにセルフコーチングの一環として始めたのですが、

ネガティブはかなり改善されています。

自分を知ることで、より楽しい人生に持っていくことが出来ます。
苦手なことや辛いことからは極力避けて通ることができます。

記録して、振り返り、改善する

簡単な話、手帳やノートというのは、

学校や部活でいう日誌や、
仕事で使う費用・経費・売上表、日報なんかと同じです。(分かりやすくアルバイトで経験の最も多い飲食店で例えます!)

日誌
・授業内容、欠席者、感想
部活日誌
・トレーニング内容、感想、改善点
飲食店
・売上、材料費、人件費、日報…etc

どれも共通していえることは、
記録して、振り返り、改善していくこと。

 

手帳やノートも同じなんです。

毎日ノートを書くのは大変だなぁ…という人も、
学校や部活、仕事で毎日つけているものと同じと考えれば手軽に始めやすいかなと思います。

毎日5分でも、書く時間は十分です。

早速、手帳やノートを始めてみましょう!

手帳やノートが続かないあなたへ

・書きたい分だけ書く。
・書かない日があっても◎
・消せるフリクションのペン、フリクションのマーカーペンが120%おすすめ!
・空きページや間違いがあっても気にしない
(シールを貼る、イラストを描く、切り抜きを貼る、カモフラージュをする)

続かない人の多くの理由は無自覚の完璧主義だったりします。

しんどくて書けなかった日や、書き間違えたりすると…その手帳を書けなくなったりします。

私も実際に何度も体験しました。

何度も気に入らなくて手帳を新調するも…続かず。

書けなかった空きページも、間違えたページも、
シールを貼ったり、好きなモデルさんの切り抜きを上から貼ったりして、気にしないようにしていたら、カモフラージュが上手くなりました(笑)

それからは気にしたりすることなく、1冊続けられるように…!

ガールズメディア「charlotte」でもノートや手帳、おすすめの書き方をたくさん紹介しています。

おすすめの記事一覧はこちら!

手帳のおすすめな使い方

自分磨きノートや毎日のノートはこう書く!忘れがちなたいせつなこと

【初心者さん向け】バレットジャーナルの始め方

SNSで話題!売り切れ品薄状態が続く…大人気のクリップブックって?

韓国で流行りのスタディプランナーが凄い!